カテゴリ: 夢の話

末端冷え性です。強弱が設定できるブランケットなのですが、始めは足の感覚が鈍るほどキンキンに冷えていたのでマックスで点けてそのまま眠ってしまいました。しかし起きたときには日が出てすっかり春の陽気に。夢の中で足元から迫る火から逃げ惑っていたのはこういう理由だ ...

大きな目と長いまつ毛。目が覚めてからも何度も懐かしいニヤッとした照れ笑いを思い返して涙が止まりませんでした。あの子はもう居なくても彼女の笑い方も話し方も全部が私の中にインプットされているのだと思いました。亡くなった実感がないままいつの間にか半年経っていま ...

毎年夏フェスの出演アーティストをチェックするのが恒例行事(?)です。そのせいもあってか最高の夢が見られました。しっかり目が覚めてスマホを枕元に置いてからも興奮してしばらく寝付けず、やっともう一度眠りについたら今度はなんと東京スカパラダイスオーケストラのみ ...

なぞの初演技、初主演。でも夢の中の私は全く別人の様に良い演技をしていて、監督や役者の皆さんは優しいし褒めてくれるしとても気分が良った。映画撮影なんて私の人生とはなんの関連もない経験ができるなんて夢ってなんて楽しいんだろうイラストにはありませんが最後はちゃ ...

うなされていたのではなくて白熱した試合でボールを求める声が出てしまっていたらしい。眠っているところ変な声で起こされて、助けてあげたつもりがなぜがちょっと申し訳ない気持ちにさせられる。ある意味私の方が被害者な気がするけど、なにこれ?w ...

↑このページのトップヘ